花久高速道路  ★★★


f:id:mu2ro:20181010024951j:plain

 

なに、花久高速道路って、
「花石峡~久治」間に17年11月ごろ新しくできた高速道路の名前。
でもどうして花久高速道路なんて造ったの?
まったくわからない。


行きは西寧から玉樹まで夜行バス、玉樹から戻るにはやっぱりバスしかない。成都まではもっと時間がかかる。しかしもう一度西寧まで乗るのはなあ。そこで、途中下車しどこかアムドの町によって帰ろうと思い、一日あけておいた。

13年にアムネマチンの氷河を見に行ったことがある。そうだあそこがいい、近いし、もう一度見てみたい。

13年の時は西寧から国道を走り「花石峡」付近から「玛沁(マチン)」の方角に入り、河原に続く車の通った跡を手がかりに「下大武」まで行った、そこに一泊して氷河を見に行った。空気が澄んでいて風景が美しくブルーポピーも咲いていた。

感激して旅行のブログに書いた。それを読んでくれた知り合いが出かけたらしい、チベット系の会合で出会い教えてくれた。

ねえねえ、すっごっくきれいだったでしょ、と聞いてみたがへんな顔をしている。どうしたんだろう。

あの辺すっごく空気が澄んでいてとてもきれいだったでしょ、ひつこく聞くと。高速道路の工事やってたの! と言った。

あそこにはもう少し整備された道がほしいことは確かだ。しかし舗装道路を造っていたにしてはガッカリ度がひどかった。

あれから5年、いろいろ検索していると、花久高速道路のすごい写真が出てきた。自然環境など気にせず進める中国の道路工事のことだ、さぞかしひどかったろうと同情した。


玉樹を出たバスは美しい風景の中を走り、「玛多」まで来た。玉樹~玛多間の風景も雄大で美しい。窓側に座れず悲しい。玛多付近で昼食。

f:id:mu2ro:20181010024454j:plain

 玛多の入り口、町は3キロ入った所。

そして花石峡へ。花石峡はちょうど玉樹と西寧全長約800kmの中間、400km地点。
おまえ花石峡で降りるんだったな、前に来いと車掌に呼ばれる。途中停車は早く済ませたいみたいだ。運転手の横の席に座っていると、車掌がやってきて俺がここだ、お前は階段に座れと言われる。あたりまえだろ客より車掌ほうがえらいの。

そして高速道路の途中でおろされる。荷物を受け取り車掌に聞くと、下に道があるだろそこにおりろと言われる。荷物を持ち上げガードレールをまたいで小さな階段を下りる。

たぶん左に行けばいいんだろうと考え歩き出す。すぐに道の先に小さな町があった。いちおうホテルもある、目印らしき像も立っている。誰か来るだろうと思って歩いていると、車が2台寄って来た。

どこ行くんだ? 玛沁。できれば雪山郷に行って泊まりたいけど雪山郷にホテルはあるか? ある。 ない。ちがうことを言った二人の運転手が話し合っている。 結論は、ない。じゃあ玛沁に行きたい。いいよ乗りな。

玛沁から雪山郷に行き一泊して氷河を見るというのがコースのはずなのになぜだろう。雪山郷には簡単な宿泊施設があるはずなのに。まいいか、高速道路から見えるだろう、見えたらそこでおりればいい。

客一人じゃもうけがうすい。像の下で坊主がうろうろしている、さっそく近づいて乗せる。客二人で出発。運転手のにいちゃんが店で水など買い集めてもどってくると、運転手が代わった少し大人だ。にいちゃんは後ろの席。

f:id:mu2ro:20181012002001j:plain走り出す、しかし方向が違う、西寧の方に戻って行く。そのうちきれいに整った二本の道路の間の土の部分をくだり反対車線に、土の部分にちゃんと車の通った後がある。これで料金所を避けて通っているようだ。

なんせ広大な原っぱのような所にでっかい道路ができているからなんにもまわりが見えず、なんにもわからない。何回か道を変えてそのうち標識のある下を通り、ちゃんと玛沁に向かっていることがわかった。

 

f:id:mu2ro:20181012002129j:plain


玛沁まで160km、久治まで355km、一番上37kmの文字がふさがれている。写真を拡大してみて見ると、下大武と書いてあったように思う、もし降り口を造るとしたら、下大武以外に人が多く住む所はないはずだから。

降り口は造らないことにしたのか、今に造るのかわからない。造らなければ下大武あたりに住む人にとっては無用の長物。

道はしっかりしていてでかい、できたばかりだからきれい。でも対向車も追い抜く車もぜんぜん見えない。こんなとこ観光以外に通らないよな、と一人つぶやく。しかしその観光だって、アムネマチンはマイナーだし、玛沁も久治も何もないし、何のための高速道路なんだかさっぱりわからない。

青海省がインフラ工事で金使って景気よく見せるやつ? もしかすると将来、久治からアバを通って成都へつなげるのかもしれない。そうすれば西寧~成都が今より簡単に行き来できる。

f:id:mu2ro:20181011010512j:plain

景色は当然退屈。1時間もするとアムネマチンの山並みが見えて来た、うーんきれいだもっと近づいてほしいと思うと、グーンと近づき氷河の横を通った。下にはチョルテンが見える。こんな近くまで寄って造ったんだ、これじゃあ工事中の景観はだいなしだね。 

f:id:mu2ro:20181011020201j:plain

よく覚えてないが、氷河の前で雪山トンネルに入る。出るとすぐ氷河がまじか、後ろ向いて見て終わり。氷河は車からではほんの一瞬しか見えない。車を停めて見物するスペースはあった、でもそれほどの景観ではなさそうだ。

f:id:mu2ro:20181011005923j:plain    
右の川のような白い物が氷河、ここが最先端。

f:id:mu2ro:20181011010246j:plain

 アムネマチンの山なみはやっぱり美しい。

f:id:mu2ro:20181010220605j:plain

トンネル入る前にまた標識が、また三つ並んでいて一番上は張り紙がしてある、たぶん雪山だと思う。

ここも出口らしき所がない。とにかくでかい道だけを先に造ってしまえという考えだろう。氷河近くに降り口を造ってほしいけどなあ。


いつかアムネマチンがたやすく見物できるような道になることを祈って先へ。


玛沁に近づく、運転手がまた変なところを通る、そして小さな土の盛られた丘の陰で停車。なにするのかと思っていると、運転手の男が、前のトランクを開け中からナンバープレート2枚を取り出した、じっと見ている私にニガ笑いをうかべながら。

プレートを張り替えて料金所を素通りできるんだろうか。とにかくコイツらいろいろうまくやってる。でも料金所は通らなかった、どうなっているんだろう。

そしてこのあたりとしては大きな町、玛沁(大武)に到着。バスターミナルの横の道が乗り合いのたまり場。
すぐそばに安くてまあまあのホテルがあった。年保玉則大酒店、180元

f:id:mu2ro:20181010220808j:plain

f:id:mu2ro:20181010220938j:plain

大きな山が見える。この町もいろいろ道路の工事中。町が大きすぎるうえ工事中ではまったくつまらない。唯一よかったのは、近くの食堂で食べたお一人様火鍋がうまかったこと。

f:id:mu2ro:20181011004852j:plain

 お一人様用の鍋、スープも3段階、ほとんど辛くなくキノコいっぱいのスープを注文。黒く見えるきくらげが新鮮でおいしい、ジャガイモは薄切りにすると煮くずれしないことがわかった。この豆腐はにおいがして鍋には合わない、白いのは自分で取ってなんだかわからない牛の内臓のはずだけど。


明日はどうしよう。もう一度あの高速で行っても氷河をまじかで見ることはできないし、標識にあった距離は氷河まで100kmあるみたいだし、下の道を使うと往復いくらとられるかわからない。

何か考えよう、と部屋で一人いろいろ考える……。


青海省のお役人に聞かないとこんな立派な高速道路、何のためのものなのかさっぱりわからない、成都までつながれば旅行者にはおもしろいプランが作れるけど。-2  工事で踏み荒らされたであろう高山植物達はきちんと復活するだろうか。-1  チベット人のコルラする道はきちんと確保されているんだろうか。-1  うまくちょろまかして乗り合いの商売をしているにいちゃん達の努力に対して。+1  合計-3  (18年7月)

 

今回の旅行用に思いついて持ってきた携帯椅子と使い古したタオルのセット。なにに使うかというとシャワー!

f:id:mu2ro:20181011025146j:plain

私は古い日本人だからタオル使って全身きれいに洗わないとすっきりしない。ボディーソープでササッでは納得いかない。シャワーしかない安いホテルでは立って洗うしかない。立って洗っても新体操の選手なら全身足の先までくまなく洗えるだろうが、私の場合は片足あげたりすると倒れて頭打つ危険性が十分にある。

きれいに洗うにはやっぱり座らないと。そこでキャンプなどで使う椅子を買って持ってきた。これなかなかいい、アムドなんかを歩き回った後には足のマッサージもできる。いいアイディアだと思うけど、少しかさばる、もう少し小さいの考えてくれないかな。シニアの旅行にはいいと思うけど、すぐ乾くやつ。



Nomadicとは  ☆☆☆☆☆


f:id:mu2ro:20181008031915j:plain

毛庄郷での3日間は私のために組み込まれたスケジュールではないのだが、ちょうどうまくいっていろいろ連れてってくれた、それもタダで。

あなたはここに来た「第一位日本人」初めての日本人と言われた。それでいろいろやってくれたのだろうか。そんなそぶりはなかったが。

毛庄郷の宿の主人に、私は旅行のブログを書いているんですが、写真とかこの宿の事なんか載せてもいいですかと言うと、うれしそうにOKしてくれた。

これは少しでもお返ししなければ、というわけでわかる範囲で宿を運営しているNomadicを紹介。


民泊サイト Airbnbで探した玉樹と毛庄郷の宿のホストは、同じNomadicだ。

●「玉樹の宿」の主人は、次成诺悟さん。

f:id:mu2ro:20181009040207j:plain

この人、当然右側。 

f:id:mu2ro:20181008013933j:plain

通りに面した家の写真、へっこんだ左側だけ。探すのはかなり難しい。左にぐるーっと回ると一階の入り口がある。3階建て。

f:id:mu2ro:20181008011435j:plain

個室は一つだけ、あとは若い子向けのシェアルーム。


●「毛庄郷の宿」の主人は、久美南江さん。女の子みたいだと言ったらチベット語ならこうなるんだと書いて見せてくれたが、わからん。
f:id:mu2ro:20181009040438j:plain

左の男性。その右二人目がたぶん奥さん、二人で台湾人のトレッキングガイドをしていた。のこりはいつも明るい台湾のみなさん。

f:id:mu2ro:20181009224950j:plain

ここは明らかにトレッキングの基地という感じ、山に登るとうつくしい風景と遊牧民がたくさんいるみたいだ。尕丁寺はたまたま近くという感じ。

 

二つの宿の主人はNomadicではない、じゃホストのNomadicて誰だ?

宿を予約すると簡単なメールでやりとりできるようになっている、そこで、寺に行く予定が確かではないので予約した日がずれるかもしれないが大丈夫でしょうか? など、何回かやりとりした。

玉樹の宿に着いた時、香港出身の女性が Nomadicは私ですと言われびっくりした。てっきり男だとばかり思っていたから。しかしやりとりしたのが私でNomadicはやっぱり別にいた。

毛庄郷の主人にNomadicって誰と聞くと、ウルムチ出身の男で今は台湾の女性と結婚して台北に住んでいる。ということだった。でもNomadicって名前ウイグル人には思えないけどなあ、へんな名前。

名前ではなかった。「Nomadic」とは英語で「遊牧している」という意味らしい。私の教養のなさが証明されてしまった。そういえば「nomad」「放牧」という言葉は記憶の彼方にあった、それにicが付いてたわけか。

つまりこのプロジェクトの名称という感じだ。香港の女性はその社員、毛庄郷であった若者達も社員だ、石鹸とかアクセサリーなどを作ったりいろいろしているようだがそれ以上のことはよくわからない。

ホストは草原のテントに泊まったときにイギリス人と一緒にバンに乗って夫婦で来ていた、その時はよくわからなくて失礼しました。だってなんの紹介もなくいるんだもの。

f:id:mu2ro:20181008013759j:plain

フェイスブックを見ると、代表の名は Peng  Li( Li・李が名字だろうか、真ん中の帽子の人)。奥さんは楊さん(その右の人)。2人ともとってもいい人だ、教養もありそう。

サイトでNomadicで検索すると日本のアパレル会社が出てくるのでダメ。
「遊牧行 Nomadic」と検索するといい。ファイスブックを使っているようだ、もちろん情報は中国語。

遊牧行の行は何々しているという感じ、つまり英語と中国語で同じこと書いてあるわけ。行には正しい行いみたいな意味もあるから、遊牧を賛美しているわけね。

ファイスブックの「遊牧行 Nomadic」 をフォローすると時々高原を訪ねた人たちの美しい写真が何枚も載っていて楽しい。けっこういろいろつながっている。
ファイスブックからもメールが送れるみたいだ。

電話番号は3つあるがどれが通じるかは不明。
 852  6615  3764
 +86  177  0976  1929
 +86  181  8990  3337

玉樹に来るには、成都で一泊してから飛行機使って来るのが一番早い。車をたのんでおけば、3時間弱で毛庄郷にたどり着く。飛行機の時間があるからどうしても成都または西寧に一泊は必要だろう。

ただし玉樹は標高3680m、成都からラサに行くようなものだ、高山病に要注意。一日高所順応の時間をとらないと危険だ。西寧からの夜行バスだとバスの中で順応できる。


毛庄郷の主人が日本人にもいっぱい来てほしいような顔をしていた。台湾、香港はお得意様、韓国人も少々。
日本も旅行社と提携して台湾のように団体がいっぱい来るようになるといいのだけれど。日本の旅行社のツアーに組み込んでみたらいいと思うけど。
とにかく美しい草原と遊牧民の生活を実体験できる。そして寺も見学、尕尔寺もここからだと5時間弱、往復できなくもない。

香港人もいるんだから、日本人向けに日本人スタッフとして応募しても採用してくれるかも。ただし英語と中国語は必修。ここで働けたら最高、でも仕事は夏だけだろうな。冬のこの辺りちょっと興味あるけど。寒そう。


Airbnbを利用して連絡を取るには、一度宿泊を予約する、するとメールや電話がわかる、連絡していろいろ訪ねて計画をねり、予約をキャンセルしてもう一度正しい日時を予約する。予約キャンセルは3日前までタダだからこうゆう手がある。

Airbnbには新しく星空キャンプ(巴塘草原帳篷遊牧生活)も載っていた。


2つの宿を使えばいいろいろ行ける。チベット遊牧民、草原が好きな人なら訪ねてそんはない! とにかくチベット人は親切で、いい意味でゆるい。お礼もかねて、満点。(18年7月)


巴塘草原の星空観察  ☆☆☆

 

f:id:mu2ro:20181005022540j:plain


3日目の昼前、台湾の皆さんがチャーターした玉樹行きのバスに乗せてもらい、舗装された道を行く。

1時間くらい走ると川に橋がかかっていた、尕丁寺で渡ったこわい橋と同じタイプだ。宿の主人の案内でここの橋をみんなで渡るのが恒例のようだ。

わいわいやりながら、みんななんとか渡りきった、私は尕丁寺の橋よりもっとこわかった作りなので途中でやめてしまった。

f:id:mu2ro:20181004010125j:plain


橋を渡り対岸で宿の主人が石切りをやりだす、みんなもまねする。河原で遊ぶ時はどこの国でも同じだなあなどと一人見つめていた。

f:id:mu2ro:20181004023611j:plain

 ドローンを飛ばしていた青年。メールで送ってくれと頼んだが来なかった。美しい動画がきっといっぱいあるだろうなあ、見たかった残念。

しばらく行って草原で昼飯、宿からたくさんの食べ物を持って来ていた。楽しく食事。

f:id:mu2ro:20181004023126j:plain

 完全な逆光、顔がわからなくてちょうどいい。

そしてまた草原を走る、主人があそこだ降りるぞと教えてくれる。台湾の皆さんにお別れを言い、草原のテントを目指す。

f:id:mu2ro:20181004023437j:plain


まずは小さな川の流れる手前のテントの中に。遊牧民のテントだ、遊牧生活のついでにキャンプの管理もしている。奥さんと二人の娘、一人は小さな子どもを抱いている。

ミルクティーを出してくれる。お茶の葉も貧弱でミルクも薄い。リアルな遊牧民のミルクティーだ。そして川を渡りテントが6つほど並ぶ対岸に。

しばらくすると大きなバンが着いた、イギリス人のふた家族8名様だ。じつはこの家族のために今日のテント宿泊がある、私のためではないのだ。たまたま今日だったのでまぜてもらえたのだ。主人も2日後にやってくる香港人のグループをここで迎えるために待機している。なにもかもうまくいっている、ラッキーってとこ。

テントの前にパラソルをはって、椅子を持ち出しそれぞれに休憩。まだ夕飯には時間があるので少し歩いてみることにした、丘の中腹でコーヒーでも飲もう。

夕飯は7時だよ、おくれたら食事の保証はないよと言われながら歩き出す。

目の前の丘を登る、遠くまで行きたかったが、結構疲れる。キャンプを見下ろす丘で休憩。

目の前に草原が広がり丘が取りかこむ、その真ん中を毛庄郷と玉樹を結ぶ道が一本通っている。間隔を置いて遊牧民のテントがいくつも並んでいる。ゆったりとした風景。ここにいる時は特に感じなかったが、写真を見ると空がきれいだ。

 

f:id:mu2ro:20181007020127j:plain
 空と雲の質がちがう。

f:id:mu2ro:20181007020932j:plain

f:id:mu2ro:20181007021104j:plain

f:id:mu2ro:20181007021534j:plain




キャンプ

そろそろ夕食だ、丘を下る、斜面にたくさんの穴が空いている。マーモットだろうか、いっぱい穴から首を出す。

食事は食材を玉樹から運んできたイギリス人の旦那さんが腕をふるっている、台所専門のテントの中で。横には大きなテントに大きなテーブル、大勢で食事ができるようになっている。

f:id:mu2ro:20181005004537j:plain


なんとなく料理ができ、それぞれになんとなく皿によそり、食事が始まる。みんなそろっていただきますはなし。

f:id:mu2ro:20181005004649j:plain


食後何かあるらしい。イギリス人のリーダー的女性の誕生日だった。ケーキが出てきた、Happy birthday to you を歌う。次はチベット語、そして中国語で。日本語はと言われ困った、日本は英語ですと言うと通じたのかみんな笑っていた。

このケーキどこで買ったのと聞くと、玉樹だと言っていた。普通においしかった、中国のケーキもここまで発展していたか。

誕生日の女性は、成都の大学でここのホストと一緒に勉強していたらしい、中国語ペラペラ。留学生ですかと聞いたが何か言っていた、よく考えると学生という年じゃない、教授か英語の先生という感じだ。

楽しい食事も終わり、いよいよ星の出る頃、まだ早い。しばらく外で休んでいると、薄暗くなっていく、西の空を見ると一番星が、宵の明星、金星?

f:id:mu2ro:20181004004531j:plain

 左上の小さな点

そして東の空を見て見ると、なんと、きれいな月が山陰からのぼってきた。なんてことだ今日は満月だった!

f:id:mu2ro:20181004004957j:plain


満天の星空は無理だ、あきらめてしっかり寝た。途中一度だけ無理をして起き出し空を眺めて見たが、月が煌々と輝いていた。


翌朝、顔を洗ったりしていると、主人にヤクの乳しぼりを見に行きましょうと誘われ、川を渡る。遊牧民の女性達三人がしぼっている。乳しぼりを終えたヤクは綱をほどかれ自分達でかってに山にのぼっていく。

f:id:mu2ro:20181005004814j:plain


私たちはそのまま遊牧民のテントの中へ、朝食だ。チベタンの朝食は当然ツァンパだ。ツァンパは今まで3、4回食べた、しかし今日はほんとうの遊牧民のテントで食べる、やっと夢がかなった。

ヤクの毛で編んだテントの中でツァンパを食べるというのが理想だが、今時そんなテント使ってない。

f:id:mu2ro:20181004005349j:plain

 ツァンパ入れの木の箱がすっごくいい。

あこがれのツァンパだが、いつ食べてもどうしてもなんの味もしない、正直まずい。でもいい。観光客にはどこで食べても砂糖を入れるか? と聞いてくるが、入れるともっとまずい、昔食べた麦こがしの味だ。

ほとんど何の味もせず塩分もないツァンパ、これがチベット人の作る料理の薄味の理由だと思う。

そこへこの家の主人だろう、いい体格の男が現れ奥さんの横に座る。奥さんは話を続けながらお椀をとり、たっぷりバターを入れツァンパをかけてこね出す。よくこねるとそれを亭主に渡した、亭主はミルクティーをかけ、飲んでからツァンパを食べた。

奥さん奥さん、手洗いました? 洗うわけがない蛇口などどこにもない、手を拭く手ぬぐいもない。外に行けば川があるが。

さっきヤク絞ったり、ゴミかたずけた手のまんまこねたわけね、あんまり考えないようにしよう。

大地にあるすべてのものを手に受けそのまんまツァンパをこねる、愛情を込めて。


ツァンパの朝食をすましテントに戻ると、イギリス人達は食事の用意をしていた。食後彼等はトレッキングに出かけた、もう一泊するらしい。

散歩したり、本を読んだりしてゆっくりしていると、バスに乗ったボランティア医師団の一行がやってきた。主人に別れを告げ、医師団のバスに乗り昼ごろ草原を後にして、玉樹に戻った。バス代はタダだ。

f:id:mu2ro:20181006013600j:plain

 腰痛に悩む遊牧民のおばさんは、お医者さんに腰に針を刺してもらう。

f:id:mu2ro:20181005022341j:plain

f:id:mu2ro:20181006005556j:plain

テント内には自家発電した電灯がついているが、懐中電灯は必携。主人がスマホの電気はがなくなってあわてていた。そのうちソーラー充電器をつなげていた、うれしそう。太陽光は十分にある。

きちんとしたトイレはあった。シャワーもあるみたいだが……。

 

美しい所だがいろいろ見てきた所がきれいすぎたため平凡にうつる。+1  今回は月にじゃまされたが、満天の星はきれいだろう。+1  草原でキャンプ、遊牧民の生活を見学、というツアーはいくらでもありそうで意外とない、ここはバッチリ。+1   合計+3  (18年7月)

 

 

ついでに今年の「玉樹」

去年来た時よりも玉樹は明らかに一年分古くなった。中国はなぜかすぐに建物がきたなくなる、なぜだかわからないが三年もたない。
町の中心にある観光協会も開店休業状態、従業員がいない、警備員が週に一度来ると言ってた? バス路線は5本に増えていた。

玉樹では別の宿に泊まってみたかったので、お世話になった皆さんと別れ、嘉那嘛呢近くのゲストハウスに行ってみた。
しかしここやめたほうがいい古すぎる、ほんとにきたない。従業員のお姉さんもまったくやる気なし。
150元くらい払えば泊まれるがパスポートチェックも何もなし。カギはドアについてる。チェックアウトする時も何もなくただ出て行けばいい。気楽といえば気楽。いちおうシャワーなど設備はきたないなりにきちんとしているのでもったいない、改装すべきだ。

よく考えると、7月下旬に旅のスケジュールを組んだのは、毎年25日から29日まで開かれる馬祭りを見学するためだった。いろいろ楽しくて忘れていた。見物するには今日しかない、もう2時過ぎている。タクシーをひろい「赛馬」と言ってみると走り出した。まだ間に合うみたいだ。

会場は町の中心からそう遠くない、新しいバス路線も通っている。観客はいっぱいいたが、もう馬の時間は終わっていて、歌と踊りだった。プログラムもなく何日の何時頃何をやるかどこにも書いてない。少し見て町に戻った。

f:id:mu2ro:20181007040010j:plain


せっかく近くの宿に泊まったのだから、6時ごろ起きだし朝のコルラに行ってみた。予想以上に人がいた。

f:id:mu2ro:20181005021906j:plain


夕食を町の中心ですまし戻ってくると、入り口のチョルテンが美しく輝いていた。嘉那嘛呢の夜の顔だ。 



夜の顔